住まいは、落ち着いた場所が理想です。緑が多く、環境、見晴らしが充実している高台が住みやすいと言えます。

関西に住まいを建てるなら、高台を選ぼう
関西に住まいを建てるなら、高台を選ぼう

関西に住まいを建てるなら、高台を選ぼう

一戸建て、マンション、住宅など住まいは、生きるために必要なものです。賃貸、分譲選びも大変ですが、住む場所も人によっては大事な選択になります。仕事場に近い物件、自然が多く環境がいい、商店街が近くにあるなど、住居を構える街選びも楽しいです。日本には、住みやすい街、地域は多くありビジネスなら東京、大阪を中心に動いています。そんな住居選びを関西にするなら、阪神間がオススメと言えます。大阪は商業の街で市内には、住みやすいと言える場所が少ないのが事実です。東京と違い、市内には大きな公園、緑が少なくゆったりした生活は送りにくい感じです。

大阪のミナミ方面に仕事場があれば北摂地域、キタ方面なら阪神間、神戸、芦屋、西宮、宝塚に住まいを構えてみましょう。神戸から大阪へは、電車も直通、交通の利便性も良いと言えます。阪神間の背には、六甲山が聳え眼前には海があります。山と海の距離も近く、高台に住むと見晴らしがいいのも特徴です。神戸の山の手になると、教会、洋風な建物が多く阪神間モダニズムを味わえます。オシャレなお店、有名ケーキ店なども点在し、他府県からも一目置かれる街になります。山の手、高台は、坂になりますが慣れると苦になりません。他府県から移住を考えるなら、阪神間を選んでみましょう。